FC2ブログ

柚月杜weblog

砂に埋まる渓

先日の日曜日はsen氏と尾白川。
またです。
数日前の増水の影響があるだろうけど、尾白川は比較的大丈夫なのでは…とほぼ決め撃ちで出発。

現地に着くと確かにやや濁ってはいますがなんとかなりそうです。
朝の尾白川
朝の尾白川中流域。
これでもこの川にしては濁っています。

…が、先日来た時にも思ったのですが更にそれに輪をかけて砂がひどい。
台風や大雨で大量の砂が川全体を埋めつつあります。
ものすごい砂
わかりづらいですが、画面右下あたりの枯れた草。このあたりが本来の河原の地面。
それを5~60cmほどの厚さで堆積した砂が覆い、さらにそれを大水が削り取って下流へ。
いったいどんだけの砂なんだろう。
先日尺近いサイズをとり逃した岩周りの深みも嘘のように無くなっていました。
尾白川崩落の痕
おそらく去年の台風か、比較的新しい崩落痕。
もともとこのあたりは中央構造線近くで脆い山が多く、過去にも周辺地域を大規模な水害が
襲っていたので、この砂もそのサイクルの一部なのでしょうか。
溜まった砂が流れで運ばれ、また深みを形成し直したりするのかな?
一昨年から数度しか訪れていないので過去にどんな変遷を辿った渓なのか分かりませんが、
自然てすごいですね。
途中でふと踏み出した左足がずるりと砂に飲み込まれ、完全にうごけなくなったりも。
持っていたスコップも使って必死に掘り、なんとか脱出。あぶねぇ!!
見た感じただの砂地なのにあんなことになってるとは…

さて、それはともかく釣りはなかなかに苦戦。
そもそも砂でよさそうな場所が埋められたりして攻めあぐねます。
期待していた朝一番のひと流しが不発(チェイスのみ)で一度車へ戻る。
駒ヶ岳神社付近
でもこの川は綺麗で大好きです。
草イチゴ

区間を一つずらして入渓。
しばらく行くと、キャンプ場に遊びに来ていたらしい親子連れが前方で水遊びをしています。
若いお母さんに砂地に脆いところがあって危ないですよ。と伝えたそのすぐ上流でヒット。
きれいなアマゴさん
綺麗でかっこいいアマゴさん。
お母さんと小さな男の子が見てすごいびっくりしてました。
ふふふ。
男の子は去年やはりここで遊んでいて、その時にお父さんが餌釣りで小さなアマゴを釣ったのを見て、
お魚の図鑑で下調べをしたらしく、私が釣ったのを見てすぐ「アマゴ!」って言ってました。
手にした虫取り網でアマゴを獲るつもりだそうです。
お母さんによればオタマジャクシは獲れたのでアマゴも獲りたいそうですが…(笑)

親子連れの遊んでいたエリアから少し遡ったところで退渓。
移動して道の駅で温泉に入り、評判が良いと聞く国界でラーメン。
20120624134108.jpg
ネギチャーシュー麺。
おいしい!

…しかし本当にすごい砂でした…
そして、前から思っていたのですが今履いているSIMMSのリバーテック。
何度か使って良いところと駄目なところがはっきりしました。

良いところ
・ビブラムソールによる地上踏破性の高さ。
・BOAシステムによる着脱の容易さ。
・洗った後にソールの乾燥が早い(当たり前ですね)

駄目なところ
・水苔のついた岩、ある種の岩に対しては弱い。滑るというか無力。
・設計上の問題で砂が浸入しやすい。
・BOAシステムに砂が噛む危険性。

上記のうち、ソールの素材による滑りやすさは最初から覚悟の上なので特にまだ大きな問題ではないです。
むしろ釣りを終えて車に戻る時の地上歩きで快適なのが嬉しい。
ただ、水辺や水中を歩くと考えると、やはり短所があるのは不安。
いろいろと見ていると沢登りや源流を詰める釣り人の足回りはいまだにフェルトソールが多いようです。
それはそうですよね。
弱点である要素が進路上に出てきた時、手も足も出ないんじゃどうにもならないですから。
ただ、趣味として釣りをしている限りでは、そういう障害に当たったら潔く後退するのもアリかなと思えます。
安全に安全に。

さて、そうなると欠点の二点目と三点目です。

砂の浸入しやすさについては、ベロの部分が上まで袋構造にならず、かなり低い位置で途切れているために、
グラベルガードがあっても砂の浸入には無力です。
おそらくこのリバーテックの設計者は日本の渓流域のような環境をまったく想定していなかったのでしょう。
細かな砂が急な流れに舞う水中を歩くような環境は欧米のトラウトフィッシング環境には少ないのかも
しれません。
そういう意味ではなるほど沢登りシューズはよく考えられています。
(ただ、ツイッターで聞いた話では同じSIMMSのG3はちゃんとしているとのことですから、シューズの想定
使用環境が違うのかな?)

BOAシステムの砂噛み。
これも通常の使用に於いてはあまり問題にはならないかもしれませんが、尾白川はとにかく砂がすごく、
歩いている中で流砂に左脚をとられて膝上まで一瞬で埋まり、動けなくなった時、その時の圧力と、脱出の
ために砂中で足を動かしていた時に入った模様。
流水で濯いでおそらく砂は排除できたと思いますが、もしかしたら固着して動かなくなるトラブルも出るかも
しれません。
BOAシステム自体が本来スノーボード用に考案された物ということですし、上記のデザインと同様にこういう
ことは想定外かもですね。


…と挙げていきましたが、リバーテックは好きな靴です。
ラバーソールによる地上での歩きやすさ、斜面登りの楽さは言うまでもありませんし、がっしりした作りも
好感です。
しかし同時に、昨年愛用していたモンベルのサワートレッカーの優秀さも再確認できました。
サワートレッカー、着脱が面倒ですがその原因でもある足首部分のネオプレン製砂ガードはとても効果的。
そして、軽く水抜けが良く、とても歩きやすい作り。
なるほど日本の渓流のためだけに作られた靴です。
引退した去年のサワートレッカーにラバーソールを貼り替えて試してみようかな。
いずれにせよ、貼り替えか新調かでもう一足フェルトソールの靴を用意する予定です。
  1. 2012/06/29(金) 08:59:05|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逃がした魚は大きい

先日の月曜日は日曜出勤の代休。
日曜のイベントに出られなかったのが悔しいので、自動的に釣りに決定。
水の綺麗なところがいいな。と、まっすぐ峡北漁協の尾白川へ。
朝の甲斐駒
途中の道から甲斐駒ヶ岳(右側)

以前に二度ほど行って、最初の時は熊の足跡を見て、二回目は夕方だったのでタイムアップで
引き返した区間をきちんと歩こうと、前にも行った区間に入渓。
なんかもう夏みたい
入ってしばらくはこんな感じの浅い流れで期待薄。
この時点ではまだ良い天気。
しばらくして山に雲がかかってきました。
そして、やはり去年の台風でかあちこち崩落した痕があったり、何よりも砂が多く、かなり
埋まっちゃってる感じです。
そして魚の反応も無い。
尾白川001
以前に釣ったここも、そして大きなプールになっていた堰堤下も魚の影が無い。
いや、チラと居るには居るのですが、追いがすごくシビアだし、魚自体の数も少ないみたい。
だいぶ砂で埋まった
以前に猿が集団で渡ったり熊の足跡を見た堰堤。
ここのプールには期待していたのに、見ての通りかなり埋まってしまってました…
尾白川002
がっかりしながらもいよいよ堰堤を越え、未踏区間へ。

しばらく遡行していると、良いサイズの追いがあったものの、食わせ損ねでフイに。
ぐぬぬ!と悔しがりつつしばらく遡行すると、一度sen氏と来た橋に辿り着く。
本当はここで一度退渓する予定だったのですが、悔しいのでそのまま続行。
尾白川003
ここもかなり浅い…
そしてもう少し進んだところで、明らかに尺サイズに近い追いが!
ドキドキしつつもう一投。もう一回出てきて…ギャー!軽く針に触れたところで反転。
食わせきれませんでした…
悔しい!これは悔しい。
久しぶりになんか叫んでしまいました。

それでも気を取り直してまた進む。
更に堰堤を巻き、ついに駒ヶ岳神社近くのキャンプ場にまで来てしまいました。
尾白川004
そしてようやく…
イワナさん。すごい緑
なんかすっごい緑色。
サバかよ!?とか一瞬ツッコミたくなりました。
よく太って重いイワナさんでした。
それにしてもさっきの魚を思い出してしまう。
だってこれよりずっと大きかったもん…

とりあえず神社の上にある吊り橋から退渓。
駒ヶ岳神社
駒ヶ岳神社参道から

駒ヶ岳神社
山岳信仰の山であり、ここから甲斐駒ヶ岳まで直接突き上げる登山道は修験者の道でもあり
ものすごく急峻で有名なコース。
(私が昔登ったのは反対側の一般ルート)

ついつい予定よりも歩いてしまいました。
本当はもっと早めに切り上げて違う川へ移動する予定だったのですが。
ともかく一度移動して道の駅(蔦木宿)の温泉で汗を流し、お昼を食べてから昼寝を兼ねて
大武川上流へ移動。
しばらくうとうとしてから、篠沢だけやってみようかな。と準備。
篠沢001
うぅーむ。ここも台風の影響がすごかった…
周囲の木々が薙ぎ倒され、そしてやはり川にすごい砂。
篠沢002
森の中で猪が餌をとりに掘った新しい穴をいくつも見たし、かなり自分自身が疲れていたので
ここで 引き揚げることにし、林道の橋から退渓。
熊もだけど、猪に出くわしたら超怖いし。

いやそれにしても悔しかった!あれは運もあるけど、でも私の腕でもう少し、ほんの少し
釣れる確率を引き上げられたはず。
次は見てろよ!!

うん。楽しかった!
  1. 2012/06/14(木) 08:58:05|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW前に

お休みをもらってお一人様渓流突撃。
…雨だけどね。
山梨の有名河川・日川です。
どうでもいいけどこの川、今年に入ってから三度目ですが行くたびに雨が降ってるんですけど。
名前はお日さまなのに、詐欺じゃね?

…などと思いつつ早朝の中央道を勝沼ICへ。
実を言うと中央道を走っている時点でも行く場所に迷ってました。
候補は三カ所。
いちばん行きたかったのは鹿留上流部。
だけど、確か林道が管理釣り場あたりで通行止めになってるので、雨の中入渓地点まで林道を
歩いていくのが面倒だしなぁという軟弱な理由でキャンセル。
そうなると、真木川上流部と日川のどちらか…と考え、アマゴの肌が見たいという理由で日川へ。
談合坂で朝食を摂りながら決定し、勝沼ICから現地へ。

中流部に入ろうかとも思ったのですが、工事関係者らしい車両が数台見えたので、結局また
上流部の堰堤上から入渓。
うぅむ。嫌いじゃないけど変わり映えしないな…
開始してしばらくで元気いっぱいのイワナさん。
イワナさん01
よしよし幸先いいぞ。
雨は鬱陶しいですが、ゴアテックスのジャケットとレインハットのおかげで体は快適。
ほんとすごい発明だよね。

ネコヤナギ
雨の中、猫柳が芽吹いています。

…しかし見たかったアマゴさんはあまり釣れない。
釣れてもちびっ子。
アマゴさん

イワナさんは元気いっぱいですが、やはりちびっ子が多いし、たまにちょっといいサイズが
反応してもバラすこと数度。むきー!!
イワナさん02

イワナさんお腹
イワナのお腹ってなんで黄色くなるんだろね?

イワナさんお肌
アマゴのいいサイズは釣れなかったけれど、でもイワナさんもなかなかの美肌。

日川上流部
遡行していて現れる大場所では予想外に魚が反応します。
ううむ、いつも大場所が無反応なのはやはり先行者がいるからなのか。
沈み岩の間で、すごく「赤い」シルエットが弾丸のように反応し、食い損ねて次がなくて
むきーっっ!!ってなったりしつつ気が付けば昼過ぎ。
8匹釣ったあたりで欲が出て、10匹釣ったら帰ろうと思ったら今度は釣れなくなる不思議。
というより、気合いが入りすぎたか、連続バラしとか。むきー!

なんとか10匹釣って、さて退渓しようと思ったら斜面を上がれそうな場所が無い。
仕方ないからしばらく下って退渓。
林道を歩いて車に戻った時点で15時頃。
粘りすぎたー!!

こっちはまだ桜が綺麗でした。
枝垂れ桜

八重

ソメイヨシノ
何カ所かでばらばらに撮影。
これでお天気が良ければなぁ…

さて、日川。
嫌いじゃないんですが、結果的に同じところばかり歩いていたので今度は違う川に行こう。
今度こそ鹿留かな。
鹿留川は、人多すぎるけど好きな川なので年に一度くらいは行きたい。
新緑の頃がとても綺麗で好き。
あとは、5月になったらまた峡北方面とかもいいね。
南アルプス側の、花崗岩と透明度の高い水が大好きです。
  1. 2012/04/28(土) 15:55:47|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣りに行ってきた!

金曜日にお休みもらって、解禁した渓流に突撃!!
…が、予報は雨。
どうする!?と思いましたが、せっかくお休みをもらえたのだし、それほど強い雨ではないだろうと強行。
目的地は山梨県峡東漁協の日川です。
去年の夏頃から何度も行っている川。

…出発前(朝3時過ぎ)で既に雨なんですけど…
とりあえず車に乗り込み出発。
いつもどおり談合坂SAで朝ごはん。
すた丼初めて食べた。
朝からなかなか濃いエネルギー補給だ!

道中も、そして勝沼ICを降りてからもずっと雨。
コンビニで入漁券を買い、ウェーダーに着替えて更に上流部へ。
時期的に下流部が良いのだろうけど、人里から離れた場所で釣りたかったのです。
で、木賊地区を過ぎて、嵯峨塩温泉より下流で入渓しようと思ったら、工事用の車が見えたのでパスし、
温泉の上流、去年の禁漁直前にも行った大型の砂防堰堤上から入渓。
禁漁前と同じコースを辿ってみることにしました。
入渓は7時過ぎ。
…車は見えなかったのに、新しい足跡が雪の上に残ってます。
昨日のものにしては雨が降っているのに綺麗に残っているし、朝早くに入って抜けた人がいるのかな…
雨は雪混じりのみぞれ状態。
気温は低くない(手袋しなくても大丈夫)ですが、水温はやはり低い。
解禁直後の日川
追いは少なく、そして、せっかくのチャンスを二度も逃してジリジリと焦りながら遡行。
ようやく一匹目を釣ったのが9時半過ぎ。
岩魚一匹目
よく太った健康そうな岩魚。
妙に高活性で、ミノーを三度も追って食ってくれました。
今シーズンの放流魚なのかな?お腹の黄色が綺麗な、いい岩魚でした。

そして、少しして二匹目はアマゴ。
錆びアマゴ
こっちは痩せて錆びた色の、おそらく越冬個体。

このあたりで天気は完全に雪。
ゴアテックスの雨具とウェーダーを着ているので体は濡れないし蒸れず寒くもなく快適ですが、帽子の
庇から落ちる水滴が襟元に浸みるのと、袖口から浸みてくるのが鬱陶しいです。
その後に岩魚とアマゴを一匹ずつ追加したあたりで退渓。
だいたい2kmほどを釣り上がったようですが、悪天候の中とぼとぼ車まで戻るのが何とも面倒くさい。
でも、ビブラムソールのウェーディングシューズはこういう時すばらしく歩きやすいです。

実は今回、新しい装備としてビブラムソールのシューズを新調!
リバーテックBOA
予算オーバーの買い物でしたが、履き較べた中でこれがいちばん足に合っていたので…
経験上、直接身に着けるものに妥協すると絶対に後悔するので仕方ない。
川の中でも、それほど怖い思いはしません。
…が、よく言われるように、濡れた石に関してはフェルトの方が万能に効きます。
いや、万能に効くと言うより「とりあえす大抵のものに万遍なく効く」感じか。
しかし「歩く」ことを考えるとやはりビブラムは強い。
ある種の石や、ぬるぬるした苔に関しては致命的に弱いですが、いい買い物だと思います。

さて、雪の中を急いで着替え(そのまま運転もできるけどシートがびしょ濡れになっちゃう)少し
下がった嵯峨塩温泉で入浴。
嵯峨塩温泉
イイお湯でした!
日帰り入浴500円というのもリーズナブル。

うむ。なかなか幸先の良い解禁釣行でした。
楽しかった!!
  1. 2012/03/11(日) 00:55:03|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もうすぐ解禁

新しいボックス!
トレジャーケース中身(実戦配備)
楽しみですねぇ!!

そして、フックも用意を始めました。
スイミングフック1202
これまではチヌ針や渓流針で作っていたんですが、ヘラスレとかでも作ってみようかな。

あと、シューズのフェルトソール貼り替えやウェーダーの確認、リールのメンテナンスなども
しておかなきゃ。

さあて、最初はどの川に行こうかな。
  1. 2012/02/17(金) 12:57:27|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ