柚月杜weblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

唐突にルアーの思い出話(その一)

…の前に、拍手コメントをいただいた件に返信を。

元のサイトですが、実はそろそろたたもうかと思っていますので、今後はそちらへの更新記録は
つけなくなっちゃう可能性があります。
リクエストいただいた件は実装せずになっちゃうかもしれませんが、悪しからず…
実際に閉鎖する際にはもちろん元の方でそう記載いたしますが。

-----------------------------------------
で、標題のルアーのお話。
鮮烈に憶えているバス釣り用ルアーのこと。
渓流用のミノーや海のルアーと違い、種類の多彩さでやはりバス釣りのルアーは群を抜いており、
今気に入っているモノとか、あるいはものすごくよく釣れるモノとはまたちょっと別に、釣りをしていて
ものすごく印象に残るルアーってのは皆あると思います。
そんな中のいくつか。


『ドラゴンプリズマ 3/8DW』
ドラゴンプリズマ
TIFA取り扱いで売られていた、秋林義継氏制作のスピナーベイト。
見てのとおり魚を模したヘッドのデザインと仕上げで非常に綺麗。
ハンクル(やその普及版のダイナモ)などの流れですね。しかしやはりやや高価でした。

さて。今からもう随分前。バス釣りを先輩から誘われて始めてちょうど一年か二年の頃だったはず。
2月の上旬から中旬、当時はまだ驚くほど楽にたくさん釣れた高滝ダムに、真冬のバス釣りに誘われ
ボートに同乗した時のことです。
当時はバス釣りの基本的なシーズンとかそういった時期のお約束の釣りとかがまったくわからず、
また、そもそも真冬のバス釣りが初めてであったために
「真冬であれば当然魚の動きもスローだろう」
と、とりあえずボウズ逃れに多用していたスプリットショットリグをメインにするつもりで同船。

ところが湖上に出てしばらくして目を疑いました。
当時、上流部に向かうエリアにはオイルフェンスが張られていたのですが、その水路のように狭まった
あたりでワカサギらしき小魚を追い回し派手にボイルするバスの姿。
操船していた先輩は、私の想像よりも遙かにゴツい(と当時は思えた)ベイトタックルでダブルウィローの
スピナーベイトを投げ、次々と産卵前の大型バスを釣っていました。
まさに目から鱗。
こんなにも強くてカッコイイ真冬の釣りがあるのか!
用意していたスプリットショットリグを投げる気すら失う、魅力的な釣りでした。
その時に先輩が投げていたのがこのドラゴンプリズマ。
私はスピナーベイトなんて考えもしなかったので当然持っておらず、手をこまねいて見ているだけ。
羨ましくて悔しくて、その帰りに釣具屋に立ち寄り、思い切って購入しました。
(人気があったため品薄でしたが、たまたま運良く買えた)

その後日、買ったプリズマを持って高滝にリベンジマッチ。
期待したとおりに釣れて大満足。
しかし、二本目を釣った時点でスプリットリングが伸び千切れ、リアブレードが無くなってました。
これもまたショック。
想像以上にリングの構造が弱いのだという実感と、おそらくそうなった原因(たぶん…)の、激しい
ブレードバイトを想像して興奮したものです。

その後、プリズマを含めていろいろなスピナーベイトを使いました。
バイブラシャフト、二代目V-FLAT、デルタフォースなどを経て、今はほぼすべてクリスタルS。
しかし、スピナーベイトの強力さを思い知った鮮烈な記憶はやはりこのドラゴンプリズマなのです。



『グレートハンティングミノー 70SP』
グレハン70
グレハン背中
メガバスの、現行X-70の前のモデル。(それぞれの写真の下に居るのが現行のX-70)
形は似ているように思えますが、リップ形状やボディの太さなど、実はかなり違いがあります。

さて。ドラゴンプリズマ(というかスピナーベイト)の力に衝撃を受けたその日。
目の前で繰り広げられる饗宴を黙って見ているなんて悔しくてできません。
しかし、前述のように真冬はスローで力の無い釣り。という先入観で臨んだため、スピナーベイトは
おろか、ベイトタックルすら持ってきていない状況で、なぜスピナーベイトがこうも強いのかを教えて
くれる先輩を見ながら必死に考える。
スピナーベイトはブレードによる強力な水流と反射などでバスを引き寄せ、食わせる力がある。
でも今この状況ならバスは明らかに小魚を追い回して食いまくっているので、そうした引き寄せる力が
微弱でも、目の前に小魚が通れば食ってくれるかも!
と、必死にボックスを漁って出てきたのが、見た目の綺麗さに惹かれて買ってあったこのミノー。

手がかじかむような寒風の中、ミノーを結びキャスト。
その二投目。
岸際の浅瀬に半分埋まったような、枝の張った流木の際をミノーが通過する時、ぐわん!という衝撃と
共にロッドが曲がり、リールのドラグを鳴らしながら明らかに今まで釣った魚よりも重くパワーのある走り。
ボートの下に突っ込む魚を捌いてランディングすると、ブリブリとよく太った45cm以上のバス。
(もう正確に覚えてないけれど、たぶん47cmだったはず)

ドラゴンプリズマ同様に、このミノーも買いに走りましたねぇ。
私の憶えている範囲では、ちょうどこの時期にメガバスが「グアニウムゴーストカラー」を宣伝しいわゆる
「リアル仕上げ」のイメージを確立しつつあった頃です。
(実際にはグアニン色素を塗装に取り入れたのはバスデイの方が先ですが)
この時に使ったカラーは、忘れもしないグアニウムゴーストワカサギ。
ただし、残念なことにその時のミノーは不注意から別の池で根掛かりによって失われています。
そして、更に不思議なことに、カラーの名は同じグアニウムゴーストワカサギでも、次の生産で入荷した
モノは似ても似つかぬ色合いでおそろしくガッカリしたものでした。

このしばらく後、暖かくなった頃の高滝ダムの別のエリアで、当時は冠水した植物がまだ生きて水面
からチラホラ顔を出しているような、川の曲がりの部分。
そこにボートを進め、植物の中を縫うようにグレートハンティングミノーを通すだけでびっくりするくらい
たくさんのバスが釣れたのも良い思い出です。
  1. 2009/02/10(火) 12:56:22|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<原稿に集中していて忘れていました | ホーム | オチが難しい>>

コメント

バスもなつかしいなあ

>柚月さん
バス釣りもやめてから数年経ちますね。あの頃が懐かしいですよ。あの当時は早朝に渓流に行き、お昼頃湖の水温が上がる頃そのままチェストハイウェダーのまま車で移動して八郎湖に立ちこんでバスを狙ったもんです。陸っぱりでは攻略出来ないとこまで入り込んで、ピンポイントでラバージグやワームを落とし込んで・・最盛期はマジで入れ食い! 陸からは届かなくて、ボート連中は水深が浅すぎて近寄れない所は天下無敵でした。使ったルアーも様々で、スピナーベイトは春先の遠距離射撃・じゅうたん爆撃用でした。夏頃はノッ込みなんでアシの茂みをワームやらラバージグやら、はてはクランクからシャッドからと、一通り使えました。一番印象深いのがラッキークラフトのサスペンドシャッドですね。あれが爆発的な釣果ありました。水中でサスペンド、ポンプアンドリトリーブの繰り返しで、アシ原付近で頭を下にしたポジションで止まった瞬間、バクッと来ました。思えば、当時他のバス釣り連中は釣れると「フィーッシュ!」と叫んでいましたが、私の仲間内はそれこそ「キターー!」でしたよ。あの当時から最早「キター」を使ってたんですね。
何だかんだで、リリース禁止の県条例のお陰で、私はバス釣りを辞めました・・・持ち帰って食べるわけにも行かず、しかし再放流派禁止・・・かといって陸に転がして殺すのも忍びなくて・・・
  1. 2009/02/12(木) 22:40:08 |
  2. URL |
  3. トウ・ホグ #kWpRCzxo
  4. [ 編集]

渓流と二足の草鞋ができる環境が羨ましいです…
こっち(千葉)は渓流釣りできないもので。
ラッキークラフトは良いルアー作ってましたよねー。
ビーフリーズとか大好きでものすごい買ったなぁ。
サスペンドシャッドとかロングビルミノーは、私の場合クランクベイトでやるような、いわゆるクランキンミノーとして
使うのが好きです。

私も数年バス釣りから遠ざかっていましたけど、先日久しぶりに行って楽しかったですよ。
  1. 2009/02/13(金) 23:53:09 |
  2. URL |
  3. 柚月猫 #-
  4. [ 編集]

じつは

>柚月さん
>渓流と二足の草鞋ができる環境が羨ましいです
まあ、たしかに、恵まれてますね。山と田んぼと海しかないところですが。山ではクマやカモシカがわんさかいるようなところで・・・幸い今までクマは遭った事ないです。出来ればお近づきはご遠慮したい・・

バスも実際の話、リリース禁止となっても、見てない所で放してるみたいですね。私の会社の後輩連中の話を聞きますと。一時期監視員らしき人が巡回してたそうですが・・・それでも急激にバス釣り人口が減ったので、魚も元の状態(スレてない状態)に戻ったんで、釣り易くなったようです。連休とかにはバスボートを引いた県外ナンバーの車が相変わらず来てますし。でも笑えない一面も・・・事実上のバス釣り禁止のような県条例なんで、バス釣人が一気に減り、八郎湖周辺の釣具屋が軒並み閉店。まいりました。

そうそう、むかし会社の後輩連中をつれてバス釣りに行ったとき、一番効果覿面だったのが、なんと!?100enショップのクランク! 生意気にアユカラーがあり、夕方付近のつりで、沖合い10mくらいの所の駆け上がりでバシバシつれました。あの時の連中はルアーも満足に投げれない、超ドしろうとでしたが、朝から投げ方の練習をして、夕方辺りにみんなで大爆発! みんな帰りは笑いが止まりませんでした。
  1. 2009/02/14(土) 15:27:34 |
  2. URL |
  3. トウ・ホグ #kWpRCzxo
  4. [ 編集]

100均のルアーは評判いいのありますよねー。
バイブレーションがまたバランスいいんですよ。
生意気にもちゃんと水底で立つんです(確か)

100均のルアーとは離れますが、バイブレーションは遠投しやすい長所を活かし、
活性が低い時に遠投して底を取り、リールを巻かずに竿で(スプリットショットを引くように)
リトリーブするスローな使い方がよく釣れました。
で、そういう時にちゃんと立って着底するバイブレーションが便利なのですが、これが
なかなか無い。
TDバイブレーションとラトリンジェッター、チビジェッターが、当時の買いやすい中では
その条件を満たしてました。
チビジェッターは便利だったなぁ。
でも廃盤なのです。ラトリンジェッターは復刻したのに…
  1. 2009/02/16(月) 10:37:28 |
  2. URL |
  3. 柚月猫 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuzukineko.blog25.fc2.com/tb.php/62-42d5c934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。